出会いたい地域を選択してください

26歳の裏垢女子に中出ししてしまいました…

裏アカ・エロアカ女子コラム

中出しというのは、気軽にするものではない…そうは思っていても、男なら出したくなってしまいます。男性のそういう本音はAVなどを見れば一目瞭然でして、最近は中出しを行う作品が驚くほど増えているのが分かるでしょう。

つまり、「現実にはなかなか中出しができないし、せめてフィクションの中では楽しみたい…」と考えているのです。フィクション内であれば妊娠の心配はありませんし、見ているこちらからしても気楽に抜くことができるでしょう。

そして男性は中出しをしたい一方で、それを躊躇する本能も備わっていると思います。中出しは本来子供を作るために行う活動であり、快楽目的のために実行すると大変なことになるでしょう。それが分かっているからこそ、簡単には中出しをしないのです。

私もそれは分かっていたし、裏垢女子は遊びなのでとくに中出しがヤバいと思っていたのですが…

相手にOKされてしまったら、どうしても快楽を優先してしまいました。相手が人妻かどうかは抜きにしても、すごく満足できましたね…。

中出しだけでもえらいことですが、その相手が裏垢女子ともなれば呆れかえる人もいるかもしれません。

妻との行為が減ってしまった私は行き場のない性欲の解消法に頭を悩ませるようになりまして、その結果として不倫相手を作ってしまったのです。

ちなみにこの裏垢女子は26歳という若さでして、正直に言うと40代の妻としているときよりも興奮します。『女房と畳は新しいほうがいい』なんて言葉がありますが、セックスの相手も若いほうがいいですね…。

とはいえ、いきなり生で挿入していたわけではありません。相手も私も結婚しているので割り切って遊ぶことが肝要となっており、ゴムを着けていたとしても気持ちよさは十分でした。ですが、相手はそうでもなかったようです。

どうやら私のことを気に入ったらしく、生で受け入れたいと考えるようになり、相手から「今日はゴム着けなくていいですよ!」と言ってきました。

もちろん最初は万が一のことを考えて断ったのですが…結局相手に押し切られ、生挿入を決意したのです。

生の感触は気持ち良く、相手も普段より喘いでいます。もちろん私も普段より早く出しそうになり、離れようとしたら…「そのままで大丈夫ですから…」と囁かれ、中出ししてしまったのです…。

中出し後、私は慌てていたのに相手は「万が一できても、夫の子として育てるからいいですよ」と笑っていましたが、正直に言うと気が気ではないですね…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました